Kiriko Sato

時代を紡ぐファッションフォトグラファーとのコラボレーションによって描かれる「KIRIKO SATO」の世界は、シーズンテーマに沿った瞬間的感情を詩的に、ドラマティックに映し出しています。

絵画やファブリック、彫刻、自然が生み出すすべてのものがデザイナーの想像力をかき立て、そこから日本とフランスの文化を融合させたミニマルでクレイジーなコレクションが誕生しているのです。

すべての作品はパリのデザイナーのアトリエでデザイン、制作されています。
ひとつひとつを職人技によって丁寧に仕上げ、ファッションにアートの要素を化学反応させることで、帽子デザインに新たな息吹を吹き込んでいます。


2005年名古屋モード学園卒業後、
ナルミヤインターナショナル、Moku des Mokuでデザイナーを経て2008年渡仏。

ギャラリーラファイエットのクリスマスウィンドーやパリデザインウィークでのBloom Roomとのコラボレーション、
フランス人アーティストのビデオクリップ及びテアトル用衣装製作等の企画に参加するなど活躍。

その後オランピア ル ・タンのアトリエにて、ブランド設立から2年半コラボレーターとして経験を積み、
2013年に自身の帽子ブランドアトリエ「KIRIKO SATO」を創設。